PayPal Here は、現在登録できません。

正確には、ソフトバンクでの、本人確認は無問題で登録できてます。
ので、プレミアアカウントにして、PayPal支払いのボタンを付けて、そこからちゃんとPayPal口座へ送金はおこなわれる、ハズです。
が、PayPal Hereへの紐付けなんだか、どこがどーしたのか、説明が無いので、何もわかりませんが、とにかく、アプリは「サポートに連絡しろ」と出て、PayPal Hereのサポートに電話したら「多発していて、アプリの入れ直しなどでダメな時はどうしようもない。アプリのサポートはPayPalサポートに電話してくれ」とたらし回しにされます。
そんなわけで、PayPal Here購入、までは進んでますが、導入に至っていません。いつになるか不明。
なので、利用者側に、PayPalへの登録を強いることになりますが、PayPal支払いも可、という仕組みで構築していこうと思います。
あとは、ニコニコ現金払い、ですかねぇ…。まだ郵便振替口座って、生きてるかなぁ…。もっかい開設しますかね。。。

Apple ID の管理

iCloudが無料で使えるようになって、iTunesの支払い以外でもApple IDを分けて使う、ということも出てきている方も、多いかと思います。
私は、mac.comのアドレス無料配布 で始まった、iToolsの頃から使って来たアドレスを、MobileMeでは有料版アカウントとして、本名を割り当てて使ってきましたが、iCloudへ移行する際に、iCloud利用専用アカウントを新規で取り、そちらを本名利用専用、と移行しました。

さて、そうやって、もし複数のApple IDを持っている、という方。
本当なら、統合したい ですよねぇ…。
でも、現時点では、Appleサイドからは、そういう方向は無い、ということの方が、多く聞こえてきます。

そして、iPhoneなどの前から、メールアドレスで登録可となった時に、@mac.comまでを含む、メールアドレス型、に、移行したようなのですが、そんなアナウンスは、特に無く。
iTools時代から持っている方で、ややこしくなっているのは、ぢつわ「@mac.com」というメールアドレスは使っていたが、アカウントとしては「@mac.com」がつかない、というのが、初期のApple IDだった、ということで、いまでも有効で残っているものがある、ということです。

私の場合だと、crimsonrhapsody(a)mac.com だけでなく、crimsonrhapsody でもApple IDとして存在し、どちらも別物として使える、というような。
ただし、mac.comとしてのメールアドレスは、MobileMeで有料利用していたアドレスのみ可、ということらしいです。
ので、crimsonrhapsody(a)me.com というアドレスは、たぶん予約されて、自分で使えるのだと思いますが、crimsonrhapsody というアカウントには、自由にメールアドレスを割り当てることが出来る、という特殊なIDになっています。

こんな状態を、せめてApple IDを管理しておきたい、と思っても、あまり表立って出していないのが、My Apple ID です。
新規のApple IDも作れますし、すでに持っているApple IDの、住所や電話番号の登録情報を、整理できます。
Continue reading “Apple ID の管理”

アップル端末 民間療法サポートサイトへ、ようこそ

Macは好きですか? その他Apple製品も好きですか?
私は大好きです。でも、リテールストア等の公式サポートが、およそ5年以上前のハード/ソフトに対して、サポートしてくれない、という状況だけは、ちょっと納得がいかないと思う昨今です。
2, 3年で買い替えろ、とでも言わんばかりの体制に見えます。そりゃぁまぁ、新製品が売れないと、どーしよーもない、という所はイチ企業ですから、重々承知の上です。

ただ、わずか6年経過の、MacOS X 10.4稼働 PowerMac G5ですら、アップル本体ではサポートを受けられない(2011年当時)、という実態があります。Web上では、「アラートが出たらAppleへ問い合わせろ」となっていても、実際リテールストアなどで聞きに行っても、そのアラートの理由が判別できるだけで、修理はできない、とのこと。
これも、PowerPCマシンはSnowLeopard以降インストール出来ず、Lion以降ではPPC 互換アプリは起動もせず、完全に亡き物になってる、と言われればそれまで、なんですが…。

Continue reading “アップル端末 民間療法サポートサイトへ、ようこそ”