アップル端末 民間療法サポートサイトへ、ようこそ

Macは好きですか? その他Apple製品も好きですか?
私は大好きです。でも、リテールストア等の公式サポートが、およそ5年以上前のハード/ソフトに対して、サポートしてくれない、という状況だけは、ちょっと納得がいかないと思う昨今です。
2, 3年で買い替えろ、とでも言わんばかりの体制に見えます。そりゃぁまぁ、新製品が売れないと、どーしよーもない、という所はイチ企業ですから、重々承知の上です。

ただ、わずか6年経過の、MacOS X 10.4稼働 PowerMac G5ですら、アップル本体ではサポートを受けられない(2011年当時)、という実態があります。Web上では、「アラートが出たらAppleへ問い合わせろ」となっていても、実際リテールストアなどで聞きに行っても、そのアラートの理由が判別できるだけで、修理はできない、とのこと。
これも、PowerPCマシンはSnowLeopard以降インストール出来ず、Lion以降ではPPC 互換アプリは起動もせず、完全に亡き物になってる、と言われればそれまで、なんですが…。

最新のことに対応する、ということも、重要なのは充分理解しますが、現状まだまだ、10.7未満のユーザも多いでしょうし、ましてや、企業で利用している、特に印刷関連で利用している方々は、MacOS9でないと、そもそも連動させるハードウェアが動かない、というような場合も、未だ存在します。
せっかく、DTPのイチ時代を築いてきた実績があるのに、そこを放棄してでも、新規のiPhoneやiPadユーザが大事、という風に、見えなくもない昨今なのです。

そのようなDTP分野や、Lion未満ユーザの方々に、少しでもお役に立てる情報をまとめられないか、と思いこのようなサイトを構築していこうかな、と、考え中です(まだ、全てはできていません)。
もちろん、最新の状況にも、経験値としてご案内することは、可能です。

ということで、有料にはなりますが、リアルタイムにSkype等でサポートしていくような体制も作ってみたい、と思っています。

Macユーザであれば、当然iChat・iMessageという手段も、アリです。ただ、MacOS9以前も、となってくると、音声チャットがせいぜいYahooメッセンジャーでできるかどうか…、という感じになってくるので、こちらサイドに、Skypeを用意。
これによって、メインのMacのことで問い合わせたい時に、Windowsであったり、各種スマートフォンからでも可能なようにしようと思います。あとは、iOS, Androidであれば、iMessage, Viber, LINE, SMARTalk等も整備。
加えて、Skypeインの050番号を用意し、電話受けできる体制を取ってみる準備も構築準備しています。

コメントを残す